海運貿易関連

コロナ回復兆しの中国の主要なコンテナ港では3月、9.1%の増加

中国貿易

中国の港はコロナウイルス(COVID-19)の発生後に正常に戻っており、先週はコンテナの量9.1%増加しましたが、大量出荷とまではいっていないようです。

3月1週は中国最大のコンテナ港でのコンテナ量が引き続き好調に推移

中国港湾協会によると、3月2日から8日の週に、8つの主要なコンテナ港のコンテナスループットは9.1%増加しました。その中で、大連、天津、青島、広州の成長率は10%増加しました。

コンテナの量は増加しましたが、主要な積み下ろし港の原油と鉄鉱石の量は先週減少しました。

sponsored link

ウイルス発生の震源地である湖北の港は別として、揚子江沿いの他の港は通常の操業に戻りました。揚子江、南京、武漢(湖北省)、重慶の3つの主要港の貨物処理量は7.7%増加し、コンテナ処理量は16.1%増加しました。

現在、湖北の港はゆっくりと回復しており、スタッフと労働者の不足に直面しています。スタッフは主に、防疫および医療用品の供給に関連するサービスに関与し、製造会社に物流サービスを提供しています。

しかし、現在、中国のコンテナ量の回復は、パンデミックがヨーロッパと米国に拡大していることによる需要への影響に直面しています。