EURO2020プレーオフを控えるセルビアはネーションズリーグでロシアとトルコと対戦

ヨビッチ

クロアチア代表はポルトガル、フランスとほぼ、欧州チャンピオンズリーグともいえるグループで対戦するわけですが、ライバルのセルビア代表も十分なメンバーでロシア代表とトルコ代表と対戦します。

サッカーセルビア代表最新メンバー

GK
マルコ・ドミトロビッチ
(Marko DMITROVIC)
エイバル
(スペイン)
92.1.24194/90
プレドラグ・ライコビッチ
(Predrag RAJKOVIC)
ランス
(フランス)
95.10.31191/85
エミル・ロツコフ
(Emil ROCKOV)
MOLヴィディ
(ハンガリー)
95.1.27188/83
DF
フィリプ・ムラデノビッチ
(Filip MLADENOVIC)
レヒア・ワルシャワ
(ポーランド)
91.8.15181/65
ストラヒニャ・パヴロビッチ
(Strahinja PAVLOVIC)
ASモナコ
(フランス)
01.5.24194/85
ステファン・ミトロビッチ
(Stefan MITROVIC)
ストラスブール
(フランス)
90.5.22189/82
ニコラ・マクシモビッチ
(Nikola MAKSIMOVIC)
ナポリ
(イタリア)
91.11.25189/82
アレクサンダル・コラロフ
(Aleksandar KOLAROV)
ASローマ
(イタリア)
85.11.10187/83
二コラ・ミレンコビッチ
(Nikola MILENKOVIC)
フィオレンティーナ
(イタリア)
97.10.12195/90
MF
ダニイェル・アレクシッチ
(Danijel ALEKSIC)
イスタンブールBBSK
(トルコ)
91.4.30180/79
アデム・リャイッチ
(Adem LJAJIC)
ベジクタシュ
(トルコ)
91.9.29182/74
ネマニャ・ラドニッチ
(Nemanja RADONJIC)
オリンピック・マルセイユ
(フランス)
96.2.15185/76
ドゥシャン・タディッチ
(Dusan TADIC)
アヤックス
(オランダ)
88.11.20181/76
サシャ・ルキッチ
(Saša LUKIC)
トリノ
(イタリア)
96.8.13182/74
セルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ
(Sergej MILINKOVIC-SAVIC)
ラツィオ
(イタリア)
95.2.27192/76
フィリプ・ジュリチッチ
(Filip DURICIC)
サッスオーロ
(イタリア)
92.1.30181/73
ダルコ・ラゾビッチ
(Darko LAZOVIC)
エラス・ヴェローナ
(イタリア)
90.9.15181/71
ネマニャ・マクシモビッチ
(Nemanja MAKSIMOVIC)
ヘタフェ
(スペイン)
95.1.26189/77
ネマニャ・グデリ
(Nemanja GUDELJ)
セビージャ
(スペイン)
91.11.16187/80
マルコ・グルイッチ
(Marko GRUJIC)
リバプール
(イングランド)
96.4.13190/82
ネマニャ・マティッチ
(Nemanja MATIC)
マンチェスター・ユナイテッド
(イングランド)
88.8.1194/86
フィリプ・コスティッチ
(Filip KOSTIC)
アイントラハト・フランクフルト
(ドイツ)
92.11.1184/82
ミヤト・ガチノビッチ
(Mijat GACINOVIC)
ホッフェンハイム
(ドイツ)
95.2.8175/66
FW
アレクサンダル・ミトロビッチ
(Aleksandar MITROVIC)
フラム
(イングランド)
94.9.16189/82
ルカ・ヨビッチ
(Luka JOVIC)
レアル・マドリード
(スペイン)
97.12.23182/85
ドゥシャン・ヴラホビッチ
(Dušan VLAHOVIC)
フィオレンティーナ
(イタリア)
00.1.28190/80
ジョルジェ・デスポトビッチ
(Đorđe DESPOTOVIC)
ルビン・カザン
(ロシア)
92.3.4190/83

新型コロナで延期されていたEURO2020プレーオフでノルウェーとのアウェー戦を10月に控えるセルビア

トルコには勝てそうな気がしますが、アウェーで対戦するロシアには多少苦戦するかもしれませんが、チームの不協和音がなければ勝つでしょう。

それより重要なのは新型コロナで延期されていた超注目のEURO2020プレーオフでノルウェーとのアウェー戦を10月に控えるセルビアです。ノルウェーというとちょっと前までは全く脅威でなかったのですが、ハーランドとウーデゴーアが台頭してきて注目国です。

しかし、サッカーよく知っている人ならわかるかもしれませんが、豪華な中盤とワントップも悩ましい。セルビア代表のこの身長の高さと言ったらすごいですね。元々、巨人の多い旧ユーゴですが、180CM以下がガチノビッチしかいない。しかし、このガチノビッチ体力無尽蔵で中盤で見事なアクセントになるでしょう。

予想のMFのスタメンは、タディッチ、コスティッチ、ガチノビッチ、マティッチもう1枚は悩みますね。ミリンコビッチ・サビッチかマクシモビッチというクロアチアの中盤くらいの充実っぷり。

FWもヨビッチにミトロビッチと超強力。スタメンはミトロビッチですかね。2トップだと、自慢のMFを一枚削らなくてはいけないので。クロアチア、セルビア、ボスニアともに豪華中盤とデカいFW1枚。この在り方は伝統ですね。

まあ、ヨビッチはレアルで全く活躍できませんでしたので、新型コロナで話題になってしまった2000年生まれ、ヴラホビッチにも注目。

スポンサー

セルビアはEURO2020プレーオフを制すればクロアチアと対戦

いや、2013年に見事に実現したクロアチア VS セルビアですが、ここでプレーオフでアウェーでノルウェー、スコットランドに勝利すればEURO2020本戦でクロアチアと同組になります。サポーターが荒れて、没収試合にならないか心配です。実力的には両者互角でしょうが、勝ち点剥奪になったりくらいは覚悟してます。