サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチア代表ユーロ2020に痛手、ディナモザグレブの有望DFが負傷

dino
サッカークロアチア代表ユーロ2020に向けて、痛手です。ディナモ・ザグレブで不動のスタメンで、ロブレン、ヴィダを凌駕しようかという、ディノ・ペリッチが前十字靭帯損傷で6か月離脱です。サッカー選手ってこの怪我多いですね。https://twitter.com/HNS_CFF/status/1229433166215159808

クロアチア代表のディノ・ペリッチのユーロ2020チャンスは終了

sponsored link
ディナモ・ザグレブのディフェンダーであり、クロアチア人代表のディノ・ペリックは、ユーロ2020の夢を負傷で終わらせた。

25歳のディフェンダーは、10月にスロバキアとの重要な最終ユーロ予選でクロアチアにデビューし、ズラトコ・ダリッチの2020ユーロのチームを構成する重要メンバーでしたが、少なくとも6ヶ月間はプレーできません。日曜日のディナモのオシエクとの衝突中の前十字靭帯断絶。

ペリッチはは手術を受けた後、長いリハビリ期間を要しますので、約6か月間は再びプレイすることはありません。

身長197cmのペリッチは、U-18、U-19、U-20レベルでクロアチア代表としてプレー、合計7回の出場で2回得点しました。彼はこれまでにディナモ・ザグレブに35回出場しており、クラブのチャンピオンズリーグキャンペーンで非常にインパクトのあるプレーを見せていました。