ソムリエ食世界地図

飲みたいワイン選びへの近道 概論 ソムリエ試験にも

ワイン

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

今日は、らきてぃっちがクロアチアワインの

プラバッツ・マリがピンときたように、好きなワイン

を見つけるための近道として、

代表的な12種類のブドウの特徴を紹介して

いきたいと思います。

ぶどう

自分の好きな味の傾向と品種の特徴をつなげて

覚えることが、その時の気分で、飲みたい味のワインが

選びやすいなります。

ワインの風味は香りで8割方決まっているとされていますが、

舌の上で感じる味をおろそかにできるわけではないです。

先ほどの主要12品種について、各品種別具体的な味わいの

特徴産地によって、バラツキもありますが、

ざっと酸味とボディの重さを10段階で評価してみます。

もっとも、赤ワインの軽さや重さというのは、

アルコールから感じられるボリューム感に加えて、

タンニンの量も加味してとらえるべきものです。

酸味とボディで評価してみたいと思いますが、

ボディとは?何かと言うと、渋みの強弱ですかね。

また、白ワイン。単純にワインの残糖度だけで、

品種の甘みとするというのは、若干違います。

発酵を完全に終了させるか、途中で止めるかで、

辛口も甘口も造れるからです。むしろ、収穫時に

どれだけ糖度(アルコール度ともいえます)

が上がるかにより、品種の特性があらわれますね。

最近、ピノとかってあっても、カベルネ並みに重厚な

ものもあります。

「フリー画像 ブドウ」の画像検索結果

”赤ワイン”

ピノ・ノワール

香り高く、気品があり、繊細マニアを引き付ける難解さ。
世界各国で栽培される人気者骨格のしっかり長熟型。

酸味:7-10 ボディ:2-5

単純にアルコール度数は14度以上のものもありますが、

渋みはそんなにないです。一方で酸味はかなりあります。

ただ、ボリューム感が増すほど酸味は下がってしまう

傾向にあります。

カベルネ・ソーヴィ二ヨン

世界各国で栽培される人気者、骨格のしっかりした長熟型

酸味:4-8 ボディ:6-10

酸味は比較的高めながら、タンニンが豊富で重厚な味わい。

新大陸の温暖な産地で栽培されたワインはアルコールの

ボリューム感が異なります。特に、オーストラリアなど。

グルナッシュ

スペイン生まれ、フランス育ちボリュームたっぷり

酸味:2-3 ボディ:5-8

スペイン生まれだけあって、アルコール度数はかなり

高くなり、ボリューム感の大きいワインですが、渋みは

あまりなく、酸味もない。南フランスでは甘口ワインの

原料となります。

メルロー

ふくよかでタンニンやわらか、なめらかな飲み心地が持ち味

酸味:2-3 ボディ:5-8

sponsored link

酸味はおとなしく、味わいまろやか。タンニンは十分に

あっても、内包されているというか、渋さはあまり感じ

ないです。

サンジョベーゼ

ところ変われば、名も変わる酸味豊かなイタリア代表ワイン

酸味:6-8 ボディ:3-7

温暖な気候のもとで栽培されても酸味が残る品種。

軽さ、重さの点ではキャンティのような軽いものから

ブルネッロデモンタルチーのみたいな重厚なものも

あります。

シラー

世界各地で人気上昇、パワフルでスパイシーな赤ブドウ

酸味:2-5 ボディ:7-10

タンニンの量、潜在的なアルコールの度数では、

カベルネと互角。酸味のの感じられ方が異なります。

ローヌなどだとプラムのようなきれいな酸を感じます。

らきてぃっちもこの品種は好物です!!

”白ワイン”

シャルドネ

産地で醸造方で表情を変える世界を制覇した白のアイドル

酸味:3-7 ボディ:4-8

広範囲で栽培されているため、味わいは幅広いです。

フランスのシャブリなんかは酸味がありますが、

オーストラリアなどは重くて、酸味も少なく、

すぐに酔っぱらってしまいます。

ソーヴィ二ヨン・ブラン

猫のオシッコとも表現される特徴的な香りとさわやかさ

酸味:7-8 ボディ:4-6

酸味は比較的、高く、軽いワインが多いが、

カリフォルニアは別、シャルドネくらいの3割増しの

ボディを感じるものもあります。

リースリング

繊細な香りと上品な酸味この上なく高貴なドイツ代表ワイン

酸味:8-10 ボディ:1-4

もどりっちの一番好きな白ブドウ品種、クロアチアの

グラシェヴィーナの元祖ですが、ドイツのものは緯度

が高いせいかあくまで繊細で上品です。重厚という言葉

が似合わないブドウです。酸味は総じて高いですが、

甘さについては、オーストラリアの極辛口から、

ドイツの貴腐ワインまで、幅広いです。

セミヨン

貴腐ワインのスーパースター、たっぷりとしてボディが特徴

酸味:2-4 ボディ:6-9

これも初めて飲んだのが、ソムリエ試験の2次で、

貴腐ワインっぽい感じで、かなり衝撃を受けました。

消去法でティスティングが正解しましたが、今、

書いててもあのなんだこれ!?というボリューム感

が蘇ります。早摘みしてしまえば、酸味もありますが、

ソーテルヌのような極貴腐ワインの原料です。

マスカット(ミュスカ)

誰も知ってるブドウの香り、甘口ワインは食前の最適

酸味:1-3 ボディ:5

酸味は低く、ボリュームは中程度、天然甘口ワインの

中には、アルコール度数の高いものもありますが、

辛口ワインは少数。

シュナンブラン

安ワインから高級甘口まで、さまざまスタイルに変幻

酸味:4-7 ボディ:2-4

貴腐ワインなどの原料に使われても、重々しくならない

ぶどうです。

次回は12品種の味わいでなはなく、より特徴に

フォーカスして説明したいと思います。