サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチアのネイマールこと”アントニオ・マリン”ANTONIO MARIN紹介

アントニオ・マリン

クロアチアの情報誌でU-19クロアチア代表のアントニオ・マリンの特集があったので、和訳を紹介します。ザグレブで生まれ、9歳でディナモ・ザグレブユースへ。16歳でプロデビュー。17歳でファーストチームへ昇格。現在,U-19クロアチア代表。

Pos :SMF/OMF
生年月日:2001/1/9(18歳)
身長/体重:188cm/82kg
代表:クロアチアU-19代表
在籍期間:2009年夏~

アントニオ・マリン Antonio Marin

クロアチアのニュースター覚醒中!鋭いカットインからのシュートを得意としており、ドリブルのテクニックやスピードは既にトップチームの選手相手にも引けを取りません。また直接FKも得意で、同世代の選手の中では頭ひとつ抜けており、今季クロアチア2部を戦うディナモ・ザグレブⅡでは5試合で4ゴールを記録しています。現在も時々トップチームの試合に出場していますが、ダニ・オルモらの移籍し、ますますチャンスが到来するものと思われます。

クロアチア若手サッカー選手で最も将来を期待されている

”クロアチアからはたくさんのヨーロッパのビッグクラブが目を見張るような活躍するティーンエイジャーを輩出しています。”ディナモ・ザグレブの攻撃的MFのアントニオ・マリンはその一人で注目の選手です。

輝かしい活躍で、チャンピオンズリーグのユース版とプレミアリーグ主催のインターナショナルチャレンジカップで18歳の彼がスターであることを証明しました。

アントニオ・マリンはリバプール、トッテナム、サウサンプトンと勝利、いやすごいですね。チャンピオンズリーグではベスト4でチェルシーにPKで負けたものの準決勝まですすみました。

sponsored link

プレミアリーグ勢にとって彼の活躍は疑いのないほど、明らかなものでした。UKでは、グアルディオラのマンチェスターシティー、ACミラン、ユベントスが彼に興味があると報道。

アントニオ・マリンはガーディアン紙のサッカー若手のベストの60に選出される

 

 

 

 

 

クロアチアの”ネイマール”とも

彼の目覚めるような切り返しと両足でのシュート精度とドリブルスキルはクロアチアのネイマールが作成されているかのようだと。インサイドのフォワードがベストポジションになるのではないかと5月のトップデビュー以来多くのヨーロッパクラブの目を引いていると伝えています。

“One of those natural talents to whom the eye is instantly drawn because of the energy, superior coordination and high confidence he displays, wreaking havoc in defences with his rapid changes of direction, dribbling skills and ability to shoot with both feet. A Croatian Neymar in the making, if you will. Best suited for the role of inside forward, he made his debut for Dinamo’s senior squad in May. Has been drawing the interest of top European clubs for years,” The Guardian wrote.

マリンは次のプレミアリーグインターナショナルカップの決勝のバイエルン戦でも、チームを助けられるように頑張りたいとコメントしています。

モドリッチは昔、クロアチアのネドベドと呼ばれ、ハリロビッチはクロアチアのメッシ、そして、アントニオ・マリンはクロアチアのネイマールですか。いや、楽しみですね。