欧州CL”Modric”が20メートル弾ゴールもレアルが敗退。モドリッチとジダンと試合を語る

モドリッチ

CL20′-21’ファーストレグでシャフタール・ドネツクに敗退したレアル・マドリード。

モドリッチとジダンのCL敗戦後のコメントがあがってきています。

ジダンは選手にレアルの選手に「これはチャンピオンズリーグに値しない」

とまでいったようです。

  

シャフタールは前半で3-0としていましたから、お互い衝撃的なスコアだったと思います。最後はウルグアイ代表のバルベルデのゴールで同点になったかのように思いましたが、VARでノーゴールとなりました。後半10分後にゴールを決め、モドリッチ自体はかなりよかったですけどね。

画像

シャフタールはウクライナですけど、結構生きのいいのブラジル人を起用してくるんですね。特に、20歳のテテがよかったですね。昨年もディナモ・ザグレブをマクシミールで震撼させていました。

レアルはカディス戦でのハーフタイムの変更とは異なり、今回はセルヒオ・ラモスは出場せず。レアルは後半に入り、54分にヴァトレニのキャプテン、ルカ・モドリッチがゴールを決めます。

キャリアの中で最も美しいゴールの1つだったかなと思います。少しの空いたスペースを使用して、20メートル以上離れたところから素晴らしいシュート。

アルゼンチン戦、ロシアのワールドカップでのゴールと非常によく似ていましたが、距離が長く、軌道が長いため、もっとよかったですね。。ゴールキーパーのトルビンは何もできませんでした。

レアルはヴィニシアスのゴールで後半15分たらずで2点返し、最後もバルベルデのゴールが認められていればというところでしたが、3-2で敗退。

アザールがいないに等しい戦力になっているのも駒不足の要因かなとも思います。ムバッペかウーデゴーアつながりで、ドルトムントの怪物FWなんでしたっけ?そろそろほしいですね。

レアルのモドリッチ試合後のコメント

「明らかに私たちは改善しなければならず、自信もありませんでした。そして今、私たちは先に進まなければなりません。後悔する時間を無駄にしてはなりません」と

「ジダン監督は、もっとプレッシャーをかけ、もっとコンパクトに選手間を保つ必要があると言った。後半に2つのゴールを決めましたが、それだけでは不十分でした。この敗北は大変痛いですが、もっと良くなるでしょう。エル・クラシコから数日で、また、CLがあります。、適切なレベルになるためにすべて調整していく必要がある」とモドリッチは語っています。

スポンサー

土曜日にはエルクラシコ、来週にはCLセカンドレグ…

いや、10月24日にはエル・クラシコがあって、そっちも大事ですし、28日にはまたCLとなっていますから、選手は本当に超過密日程ですよね。それを考慮しての布陣だったような気もしますが、裏目にでてしまいましたね。

 

ジダン監督はまた、コロナウイルスのためにチームのほぼ全員が不足していた自信の欠如について

「ゲーム開始時に自信がなさそうなプレーをしていて、前半はCLに出るチームに値しないと思った。気分がとても悪いです。すべてがうまくいきませんでした。これはパフォーマンスが悪く、悪夢としかいえない。すべてを逃しました。 「ハーフタイムで見たいチームが見えなかった。それは私のせいだけだ。今すぐ解決策を見つけてこの傾向を逆転させなければならない。再び強くなり、勝利を収めなければならない」とジダンは結論付けています。