U-21サッカークロアチア代表、セルビア代表共に東京五輪逃す

ニコラ モロ

おはようございます。ソムリエのらきてぃっちです。

U-21クロアチア代表は東京五輪出場ならず

6月16日から開催されているU-21クロアチア代表ですが、ルーマニア戦後、フランス、イングランドに勝利をすることはできず、1分2敗で大会を終えました。ルーマニア戦後はパフォーマンスは悪くなかったのですが、初戦がひびきましたね。

2019年6月21日クロアチアVSフランス

先週の金曜日フランスとの試合で2度目の敗北を経験したクロアチアは準決勝進出及び、東京五輪出場が消えました。

火曜日の最初のグループ戦でルーマニアに4-1と敗れた後、はるかに良いパフォーマンスを見せたのですが、クロアチアはサンマリノのセラヴァッレにあるサンマリノスタジアムでフランスで敗退。少しだけ、ハードラックもあり、1-0で敗戦。

NenadGračan監督は、ルーマニア戦でパフォーマンスの悪かった、キャプテンのアレン・ハリロヴィッチをベンチに。エースのヨシップ・ブレカロはルーマニア戦での怪我から完全に回復しておらず、ベンチスタート。

8分、リヨンのストライカーのデンべレが右からのクロスに合わせ、あっさり先制されます。

ボルナソサ(写真:HNS)

 

クロアチアは開幕戦に比べ、ゴールへの反応が良く、30分、Vlašić(ヴラシッチ)の見事なターンとスルーボールが、Jakoliš(ヤコリシュ)に彼のシュートはかすかにポスト脇に…

Gračan監督はゴールを求め、ブレカロが62分に投入されます。ペナルティエリア内で、PKかというようなチャンスのクロアチアにあったのですが、流されてしました。

69分、交代で入ったKulenović(クレノヴィッチ)がディフェンスラインを突破、クロアチアがゴールに再び接近したが、シュートがこれもポストに阻まれます。

クロアチアは後半に得点する可能性が最も高いように見えましたが、ゴールにはならずに1-0で敗退。

スポンサー

2019年6月24日クロアチアVSイングランド

そして、クロアチアは今週の月曜日にルーマニアとフランス戦で両方敗退しているイングランドと対戦。。

双方がフランスとルーマニアへの最初の2試合で敗退し、国の誇りだけがモチベーションとなっていました。

試合は3-3の打ちあいで引き分け

CROATIA 3 – 3 ENGLAND

GOALS: Nelson (p) 11′, Brekalo 39′, Maddison 48′, Vlašić 62’, Kenny 70’, Brekalo 81′

イングランドは11分にペナルティエリア内でのファウルが誘い、いきなりPK。ネルソンが決め、フランス戦、ルーマニア戦と同じくいきなりビハインド。

しかし、クロカチアは39分、ブレカロが左サイドからイングランドのキーパーを突破してトップコーナーに突入してゴールを決めた。

しかし、48分クロアチアのDFのクリアボールがイングランドのマディソンへ、マディソンのシュートでイングランドが2-1とします。

70分、Nikola Vlašić(ニコラ・ヴラシッチ)2 – 2で下してゴールを決め、2 – 2となった。その後もシーソーゲームで結果は3-3

ブレカロは、ボックス内で、一瞬の瞬発力をみせ、イングランドのキーパーの足元を抜けるシュート決めます。双方とも勝つチャンスが半分ありましたが、結果は同ドロー。 

クロアチアはイングランドの5回の対戦で6ゴールを決めました。シュートはどれもよかったですね。オープンな打ちあいで見ごたえがありました。しかし、ブレカロとヴラシッチは期待値高いですね。今後がますます楽しみです。

また、キャプテンを務めた、ディナモのイヴァン・シュニッチもニコ・コバチみたく、いいボランチです。

「イヴァン シュニッチ」の画像検索結果

クロアチアは1ポイントでトーナメントを終了しますが、ルーマニアに4-1で敗れた後、パフォーマンスが向上しました。 

スポンサー

U-21セルビア代表は3連敗

クロアチアのライバルのセルビアも出場していましたが、3連敗でともに東京五輪出場を逃しました。

  • オーストリア VS セルビア 2-0
  • ドイツ VS セルビア 6-1
  • デンマーク VS セルビア 2-0

ともに期待値高かっただけに、残念な結果ですね。

 ルーマニア代表は東京五輪出場、初の快挙

グループ3戦目を前にして、前節終了時点でルーマニアとフランスは勝ち点6で並んでおり、その得失点差はそれぞれ+5と+2となっていた。A組2位のイタリアが同6/+3で最終節を終えていたために、直接対決の結果次第ではどちらかに大会敗退の可能性があったが、試合がスコアレスドローに終わったことで、両国が準決勝へと駒を進めることになった。

準決勝への進出は、ルーマニアにとっては史上初の快挙、そしてフランスにとっても13年ぶり。

準決勝の組み合わせは以下の通り。

U-21ドイツ代表vsU-21ルーマニア代表
U-21スペイン代表vsU-21フランス代表