クロアチアが初の自動車ブランド”CROCAR K++”計画をスタート!

クロアチア国産車

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。
クロアチアから面白いニュースが飛びこんできました。

クロアチアが独自の自動車ブランドをスタート!

2020年ごろより、世界に生産ラインを構え、初の国産車を供給する企業が生まれるとのことです。計画を国をあげて行われており、1、2年は話しをつめて、行く方向だとのことです。

”A few days ago, meetings began with the establishment of the first Croatian car brand on the world market. Basically, it is assumed that the meetings will take a year or two, and that from 2020, from the production line to the world, we will have the first domestic car (or better patronized) production.”

新しく設立された会社は”Patriot jdoo”(パトリオット・ジュドー社)

国家戦略的な場所、Gornje Gnojniceにあり、コラナ川の近く、現在、失業問題が深刻なカルロヴァツの街の近くがあるので、たくさんの人々が職を求めて、行列になるだろうと半ば、ジョーダン混じりに語られています。カナダのクロアチアの兄弟会社の間で協力協定を締結し、また、EUの資金から工場の開発のためにこの金額を調達し、主要な職に人材を集めました。最初のプロジェクトは、ファミリータイプではなく、ツーシーターになるとのことです。下記、画像が建設中の工場です。

クロアチア

スポンサー

クロアチアの国産車第一号は”クロカーK++”

This is a computer design solution for CroCar K ++

下記がコンピュータによるデザインらしいです。クロアチア人は結構、奇抜で面白いアイデアをします。コンセプトは若いクロアチアのエネルギーで市場にインパクトを出したいとのことです。

クロアチア国産車

あくまでも、これは仮のデザインなので、変更になる可能性はあるとのことです。Marin Kokic氏は、グループのチーフデザイナーとして、生産開始時にはCroCar K ++は青色のみで販売される予定で、外側のバックミラーは赤と白の立方体に研磨され、優れたコントラストが得られると説明しました。

4人乗りや5人乗りのワゴンタイプも

”CroCar K ++”だけでなく、4人乗りのセダンタイプや5人乗りのワゴンタイプも同時に開発されており、こちらの方が現実的な視点でいいかもしれませんね。パトリオット・ジュドー社に幸あれ!

Blessed and happy, and lived the Patriot jdoo company

実際、クロアチアはユーゴスラビアから独立したものの、失業問題が深刻で、産業の開発が目下、国の課題となっておりますので、こうした産業の創出が若い人のエネルギーになるといいですね!