グルメ総合

山東ミシュラン掲載、水餃子がイチオシ!中華街の名店

中華街「山東」水餃子

Dobro Jutro おはようございます。

横浜中華街の名店ミシュランにも掲載の「山東」です。

家庭料理「山東」が初掲載
世界23カ国で発行されているレストランや宿泊の格付け本「ミシュランガイド」。日本でも2007年に初めて東京版が出て、横浜のレストランも10年から対象とされてきたが、なぜか食の街・横浜中華街からは掲載店がなかった。
2015年5月に発行された「ミシュランガイド横浜・川崎・湘南2015特別版」で初めて、中華街から家庭料理「山東」が選ばれた。
3500円以下で上質な料理を提供する「ビブグルマン」のカテゴリーで選出された。コスパがかなりいいと思います。
引用元:山東HP http://www.santon.co.jp/

中華街「山東」水餃子

横浜中華街には、250 以上の店があるそうです。初めて、中華街に来た時は人の多さに圧倒されてしまって、その辺の屋台や、食べ放題に入ってしまいますが、会社の同僚に紹介して頂いてから、10回弱、来店しています。せっかくの中華街で美味しいものを、且つ気軽に入れ、ヘビーユーザーになるお店・・・そんなときにオススメしたいのが、この店です。最初は、1号店入る方が多いのですが、混んでいるので、

2号店に行くことが多いです。味は変わらないので、2号店の方が、ゆったり座れて個人的には気にいってます。
中華街山東

横浜中華街「山東」の場所と行き方

元町・中華街駅から徒歩10分くらいの、中華街大通りと広東通に挟まれた小道に「山東」はあります。2号店は広東通沿いにありますが、外観は1号店とほぼ同じ、黄色い看板が目印です。細い路地にひっそり佇むイメージですが、昼時ともなると行列ができるので、すぐにわかります。
「山東」は30年以上前に中国・山東省出身の女性が始めた中華料理店。オープン当初から中国の家庭的料理を中心に提供しており、観光客だけでなく、中華街周辺に住む人々にも愛され続けています。混雑時は相席だったりと、店内の雰囲気も街の食堂っぽさが残り、活気あふれるお店です。

中華街大通りの中腹にある香港路という横道が目印となります。

ただし、店舗は香港路沿いにはありません。大通りをはさんだ向かい側にある路地に注目しましょう。

山東の店舗は、香港路の向かい側にある路地沿いに2店舗をかまえています。

山東1号店

山東1号店

路地を進むと山東1号店があります。

数年前こちらの2階で食事たことがあり、店内は普通の中華食堂であったと記憶しています。

今回は2号店へ。

sponsored link

山東2号店

山東2号店(横浜中華街)

1号店の並びに2号がありますが、入口は路地を曲がったところです。

山東2号店(横浜中華街)

山東2号店の入口がある通りは広東通と呼ばれる通りにあたります。

山東店内

とにかく水餃子を頼まずして山東は語れない。

定番中の定番メニュー。もっちりとした厚めの皮にジューシーな餡がギュギュっと詰まっています。もちろん全てハンドメイド。そしてなんといっても

水餃子

山東水餃子の特徴は、ココナッツをつかった特製のタレ

ココナッツタレ

こちらは80歳をとっくに過ぎた創業者の旦那さんがひとりで仕込みをしているというから驚きです。シャキシャキっとした歯触りと、もちもち感が絶妙にマッチし、今までにない美味しさを発見できます。最後にココナッツの香りがふんわりと鼻に抜けて、これはクセになりますよ。これが、なぜか一皿、二皿と見た目はボリュームあるのですが、この

「山東の水餃子」何個でもいけそうになってしまいます。

これは実食されるとわかると思います。
セロリの風味が香しい「セロリ水餃子」と、ビーツを使った「桃肌水餃子」もオリジナルに負けず劣らず人気の逸品。また冷凍された水餃子のテイクアウトもできます。タレ用のココナッツも添えてあるので、自宅でも山東の味が再現できると好評です。

山東水餃子

山東2号店の基本情報
アクセス
住所横浜市中区山下町150-3
電話番号045-212-1198
WEB
営業時間11:00~翌1:00 (LO/24:30)