海運貿易関連

BLカウンターで行われる「裏書(Endorsement)」とは?

コンテナ船

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

BLカウンターで行われる「裏書(Endorsement)」とは?

B/Lカウンターでよく行われている、書類の裏面に行う「裏書(うらがき)」についてです。

裏書(Endorsement)とは?

BLカウンターなんかでBLピックする方はご存じかと思いますが、B/L(船荷証券)は、輸出者、輸入者が書類の裏面にサインすることがあります。

※一般的に、会社のハンコと、上司または担当者が手書きでサインします。

裏書(うらがき)はBLの裏面にするサインのことです。

B/Lには有価証券ですから、B/Lの権利者=貨物の所有者となる者であることを意味します。このたったのサイン、裏書でB/Lが持つ“貨物の所有権を譲渡することができてしまいます。これで、まあ、輸出者から輸入者へ貨物を引き渡し、売買取引を成立させているのです。裏書で取引が成立するってなんかこわい気もしますが、それだけBLって重要な書類なわけですね。

※有価証券の代表的なものに、株式、手形、小切手なんかあると思いますが、有価証券はそれ自体に財産的価値があり、譲渡することが可能で財産的権利を簡単に移転することができるのが特徴です。簡単すぎて、ちょっとあぶない感じもしますね。

sponsored link

B/L(船荷証券)の裏書は種類があります。

  1. 「記名式裏書」
  2. 「白地(しらじ)裏書」

記名式裏書は、B/LのConsignee欄にTo order of 指図人(銀行、SHIPPERなど)と記載されている記名指図人式船荷証券における裏書の方法で、指図人がサインして“次の引取権者を指定できる”裏書の方法です。書類の譲渡者である輸出者(Shipper)は裏書不要です。

白地裏書はB/LのConsigne欄に「To order / To order of shipper」と記載されている単純指図人式船荷証券における裏書きの方法で、“輸出者(Shipper)がサインのみをし”次の権利者は指定しません。

どちらの裏書きでも最終的に貨物を引き取る輸入者も裏書行い、裏書したB/Lを船会社に提示して貨物を受け取ります。

B/Lの種類によって裏書の必要・不要がある

特に輸出者はサインが必要なときと不要なときがあります。輸入者はB/Lを受け取り書類の内容に間違いがないか確認したら、どんなB/Lでも裏書をすれば良いのですが、輸出者はそうでないことを覚えておきましょう。。

▼B/Lの種類と裏書が必要になるもの一覧

記名式B/L
[Consignee:
輸入者]
記名指図人式B/L
[Consignee:
To Order of 指図人]
単純指図人式B/L
[Consignee:
To Order (of Shipper)]
輸出者裏書は不要裏書は不要(白地)裏書
指図人指図人が銀行の場合、
記名式裏書して輸入者へ
輸入者裏書裏書裏書

http://modric19.com/orderbl