サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

クロアチアディナモとセルビアレッドスターベオグラードの1990年5月13日

ボバン 飛び蹴り

1990年5月13日のユーゴスラビアからのクロアチア独立の引き金となったディナモ・ザグレブとレッドスター・ベオグラードの間での暴動から30年が経ちました。

ザグレブのマクシミールスタジアムで行われたバッドブルーボーイズ、ディナモザグレブのファン、レッドスターベオグラードファンと警察の間で起こった暴動は5月13日に常にハイライトされます。

5月13日の水曜日の日にはディナモザグレブの選手とスタッフは、祖国戦争で亡くなったすべてのディナモファンのためにキャンドルを灯しています。

30年前のダービーでの暴動は、クロアチアの独立を支持する政党が過半数の票を獲得した、選挙の後に発生しました。

クロアチアのサッカーの強さと歴史にせまる"VATRENI NOGOMET"!2006年に日本と対戦した代表チーム。左から、ニコ・コバチ、イヴァン・クラスニッチ、ダリオ・スルナ、ルカ・モドリッチ、ニコ・クラニチャー...

暴動の結果、60人以上が負傷し、刺され、射殺され、催涙ガスで毒殺された人もいます。2つのチームは常にユーゴスラビアフットボールリーグのトップに位置していたため、サッカーという枠組みを超えて、戦争の引き金となってしまいました。

1990年、ユーゴスラビアの民族的緊張が高まっていたため、ユーゴスラビアのほとんどで共産主義は廃止され、より国家指向の政党が支持されました。クロアチアでは5月6日に投票が開催され、クロアチア民主同盟(HDZ)がトゥジマンが勝利しました。

sponsored link

スロベニアとクロアチアは、新しいリーダーシップの下で、ユーゴスラビアを連合に再編成しようとする主要勢力でしたが、スロボダンミロシェビッチと州レベルでの依然として強力な共産主義システムの下でセルビアによって反対されました。

この1990年5月13日の暴動での混乱のなか、ディナモの数人のプレーヤーがまだフィールドに残っていて、レッドスターのプレーヤーはすでにロッカールームに向かっていました。ディナモのキャプテンであり、クロアチアの将来のキャプテンであるズヴォニミールボバンは、ディナモの支持者を攻撃していた警官レフィックアメトビッチを蹴り倒しました。

バッド・ブルー・ボーイズはすぐにボディーガードとして振る舞い、ボバンの防衛にやってきました。この行為だけで、ボバンはクロアチアの国民的英雄として宣言されたが、セルビアでクロアチアの民族主義的評判を浴びました。

ボバンはユーゴスラビアサッカー協会によって6か月間停止され、彼に刑事告訴がありましたが、攻撃した将校(ボスニアイスラム教徒であることが判明しました)は数年後の彼の行動を許すことにしました。

以下のロングバージョンをご覧ください。