サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

ニコ・コバチがモナコの新しい監督に就任

ニコ・コバチ

元クロアチアのキャプテンで監督のニコ・コバチは、フランスリーグ1クラブモナコの監督に指名されました。

ロバートモレノがモナコを去り、モナコの理事会は彼の後継者としてコヴァチを指名しました。コヴァチは、延長の含み、クラブとの3年間の契約を締結しました。

月曜日にクロアチア人が最初のトレーニングセッションを指揮し、チームとオレグペトロフ副社長がコバチに暖かい言葉をかけた。

「ニココバチを歓迎します。新しいシーズンはモナコの新しい章を開き、ニコ・コヴァチはリーダーの体現です。彼の仕事は、若い才能の進歩、質の高いプレーヤーによって認められたリーダーシップ、そして非常に良い結果を達成する能力があると思います。彼のメンタリティはは、クラブの目標を達成する上で重要な要素です。」

モナコという言えば、一方でもう1人の元クロアチア代表、ゴールキーパーのダニエル・スバシッチが先月クラブを去りましたね。

20年ぶりの4強に導いた“手負い”の守護神 | ゲキサカ

コバチは、キャリア中にクロアチアに83試合出場し、14ゴールを記録。彼は最初にクロアチアU-21チームを指揮する前には、RBザルツブルクアカデミーで指導しました。

sponsored link

そして、クロアチア代表監督となり、2014年のブラジルワールドカップでクロアチアを指揮します。その後はフランクフルトで長谷部やレビッチと共に、ドイツカップで優勝。昨シーズンのバイエルンミュンヘンでリーグとカップの二冠を獲得しました。

ニコは兄のロベルトと一緒に到着し、モナコはクロアチアを思い出させたと語っています。

 

「モナコはクロアチアと(に)似ています。私は2001年に、私たちはバイエルンミュンヘンにいたときにトレーニングをしました。3か国で働いたが、これは4番目の国となる。私はモナコを楽しんでいる」とロベルトとともにやってきたコヴァチは語っています。

長谷部誠を“リベロ”起用したニコ・コバチ監督がフランクフルトと2019年 ...

フランス語を少し知っているコバチは、彼の優先事項は今、現地の言語を学ぶことだと言います。

「これは大きなプロジェクトであり、大きな課題ですが、私たちはフランス語を気に入っています。私たちは最善を尽くし、良い未来ができることを楽しみにしています」と彼は語っています。