サッカークロアチア代表(旧ユーゴ&マイナー国)

クロアチアのメッシ”アレン・ハリロヴィッチ”父親とボディーガードのためにキャリアが台無しに?

ハリロヴィッチ

アレン・ハリロヴィッチは、サッカーの世界でスーパースターのリオネルメッシの後継者とされたプレーヤーの1人でした。攻撃的なミッドフィールダーで、ディナモザグレブで見事なパフォーマンスを見せ、「次のメッシ」と呼ばれていました。

確かにハリロヴィッチのプレースタイルはしばしばバルセロナのメッシと比較されますね。

169センチのハリロビッチは、止められないドリブルスピードと正確な左足キックを持っています。

ボールを拾い上げて素早く前方へフィード、または右から相手のペナルティボックスの端までカットするというハリロヴィッチの18番は大きな脅威に。

Alen Halilovic | The 10 youngest Champions League debutants including Juventus' Moise Kean - how did their careers pan out? - Football

 

ハリロヴィッチはまだ、次のバルカンのスーパースターになることも期待されています。

ディナモザグレブとハイドゥクスプリトの「エターナルダービー」でデビューし、16歳101日でデビューしたディナモザグレブ史上最年少のデビューともなりました。

halilovic | Tumblr

彼がクロアチアで最年少のゴールスコアラー、チャンピオンズリーグに出場するディナモザグレブの最年少選手、チャンピオンズリーグ史上で2番目に若い選手になるなど次々と記録を打ち立てています。

ハリロビッチはまた、16歳でクロアチア代表チームにデビューし、ポルトガルとの親善試合でルカ・モドリッチとイヴァン・ラキティッチと一緒にプレーし、クロアチア史上最年少のデビューになりました。

彼の素晴らしいパフォーマンスで、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、バルセロナなどヨーロッパのトップクラブを魅了。

バルセロナが獲得を表明したとき、彼のマネージャーを兼務したアレンの父親であるセヤド・ハリロビッチは、遠慮なくバルセロナへ行き、家族全員をザグレブからカタロニアへ移住という思い切った決断をしました。

The Croatian midfield player thinks that halilovic only thinks in improving

セヤドは、バルセロナでプレーしてメッシのチームメイトになることは、当時18歳だったハリロヴィッチにとってとても美しい運命であると確信していました。2014年7月、ハリロビッチはバルセロナに足を踏み入れました。そこでハリロヴィッチは彼のアイドル、リオネルメッシとプレーする大きな一歩を踏み出しました。

バルセロナでは、ハリロビッチはトップチームではすぐにはプレーしませんでした。他の若い選手と同様に、彼はバルセロナBに配置されました。キャンプでも素晴らしい才能として注目を集め、彼が当時持っていた才能で、バルセロナでのリオネル・メッシを置き換えることができるくらいに輝いていましたが、ここで父親のセヤド・ハリロヴィッチが問題を起こします。

バルセロナBで1年間過ごしたハリロビッチは、上々のシーズンを過ごすものの、舞台裏では問題が発生。。バルセロナのクラブ関係者は、ハリロビッチの父親であるセヤド・ハリロビッチがプライベートフットボールのコーチを雇うという行動をとりました。

これはバルセロナBのマネージャーであるエウゼビオの計画を台無しにしただけでなく、ハリロビッチの成長の大きな足かせになってしまいました。

ハリロビッチにとって、2人の非常に異なるサッカーマインドのニーズのバランスを取ることは確かに重い負担となります。

セヤド・ハリロヴィッチの息子への影響は確かに非常に大きかった。セヤドは息子のキャリアを決定するのにあまりにも干渉しすぎた。彼の息子はバルセロナのトップチームでプレーするのに十分適していると主張し、意図を表明するために経営陣にまで突っ込んでいきます。しかし、ハリロビッチはバルセロナBでシーズンを過ごすように決裁が下されます。しかし、セヤドがバルセロナBでプレーさせることを拒否したのです。

その後、ハリロビッチはスポルティングヒホンにレンタルされま。リーガでデビューし、36試合で、3ゴールを決め、ヒホンではさらなる成長を遂げ、ヒホンを降格から救います。

Valencia target Barcelona youngster Alen Halilovic

ヒホンではハリロビッチは5ゴール、5アシストとし、バルセロナで2016/17シーズンにプレーにすることができるものと考えます。しかし、バルセロナに彼を連れ戻すよう説得するのに十分ではありませんでした。

若いチームの選手を優先しなくなった政策により、ハリロビッチは最終的に、彼は2016/17シーズンの初めにドイツのクラブであるハンブルガーSVに売却されました。

ハンブルガーSVとは4年間契約されましたが、バルセロナが2シーズン後2倍の価格で彼を買い戻す権利を持っているというオプション付きです。

ハンブルガーSVでのハリロヴィッチのキャリアは、ブルーノ・ラッバディアの指揮の下で始まり、ハリロヴィッチは「君はひとつのプロジェクトだ!」とも言われたくさんの機会を与えられていました。

 

しかし、残念ながら、2016-17ブンデスリーガ1か月半でハンブルガーSVのパフォーマンスを上げることができなかったため、ラッバディアは解雇されなければなりませんでした。マルクスギズドルに変わりました。

それ以来、ハリロヴィッチのキャリアは衰退していきましたね。新しいハンブルクのコーチは、彼の戦術的アプローチに適合しなかったプレーヤーをすぐに取り除きました。

ギズドルはまた、常に存在していたハリロビッチと彼のボディーガードが邪魔していると感じていたのです。

結局、21歳のハリロビッチはコーチの信頼を得られませんでした。ハリロヴィッチも移籍を志願し、合計7試合しかプレーせず、そのうち5試合はベンチスタート。

ハンブルガーSVは彼をスペインに貸し戻すことにしました。今回、ラスパルマスは1年半の間ハリロヴィッチのチームとなります。ラスパルマスというとアフリカ大陸に近いですから、コンディションキープするだけでも大変そうだなと思ったものです。

 

2016/17シーズン後半に18試合でプレーしたハリロビッチは、次のシーズンひざの怪我を負い、長い間プレーできず、シーズンを通して20試合しか出場せず、2ゴールしか得点しませんでした。

ラスパルマスはハリロヴィッチを完全移籍とはしませんでした。しかし、なんとACミランがシーズンの終わりにハリロヴィッチに興味を示し、獲得に乗り出します。

2018年7月、ハリロビッチはACミランに移籍金0で移籍。3年間の契約に署名しました。

 

しかし、ミラノでも、ハリロヴィッチは彼の資質を示すことができませんでした。ハリロヴィッチは3試合にしか出場しませんでした。

View this post on Instagram

Keep fighting 💪🏻⚽️❤️ @acmilan

A post shared by Alen Halilovic (@alen_halilovic) on

 

その後、2019年の初めに、ACミランはハリロヴィッチをスタンダールリエージュにレンタルされます。ベルギーリーグでは彼は5か月のすべての試合14試合に出場したため、キャリアが向上していましたが、ACミランには戻ることができずに、ハリロビッチは2019/20シーズンに再びオランダのクラブ、ヘーレーフェンにレンタルされます。

 

10代のスターであり、クロアチアからメッシと呼ばれていた今、アレン・ハリロヴィッチは苦い真実を受け入れなければなりません。

彼のキャリアは彼が夢見ていたほど美しくはありませんでしたが、24歳のときでも、ハリロヴィッチはこれが彼の終わりではないと野心的に頑張っているので、輝きをみせてほしいですね。しかし、24歳ですが、顔が険しくなっていて、なんか、切ない。今はいったんミランに戻っていますが、今後の動向がわかったら、またレポートします。