海運貿易関連

オープントップまたはフラットラックを搭載する場合の最大オーバーハイトは?

フラットラックコンテナ

今回はアウトゲージ貨物(OOG)について

汎用コンテナの標準測定値以上の貨物。OOG貨物は通常、オープントップコンテナ(OT)、フラットラック(FR)、プラットフォーム(PL)で運ばれます。それぞれの貨物のサイズとその際の商品の性質について考察してみましょう。

オープントップコンテナ-20 ‘&40’

ドアから簡単に積み込むことができず、上から積み込む必要がある貨物に使用されます。貨物はインゲージでもかまいません。このタイプのコンテナは積み込みにも使用されます。高すぎる貨物..機械、鉄鋼またはセメント管、ガラスなどの貨物の運送に使用されます。

フラットラックコンテナー-20 ‘および40’

  幅、長さ、高さ、またはOTのような上部やドアから積み込めない貨物(貨物もゲージ内に収まる場合があります) )..大型機械、トラック上の車両、大型リールなどは、このタイプのコンテナに積載します。貨物はインゲージでも、重量があり、積み込み作業にはフォークリフトが必要です。特定のタイプのフラットラックでは、端も折りたたむことができます。これらは、プラットフォームとも呼ばれる折りたたみフラットラック(COFL)として知られていますよ。

上記とは別に、スーパーラックコンテナというものもあります。

スーパーラックコンテナ

フラットラックコンテナと同様に使用されますが、大きな違いがあります。スーパーラックコンテナでは、コーナーポストを上方に延長して高さを増やすことができます。これは、高すぎる貨物、一般に、フラットラックに高すぎる貨物を積載する場合、スプレッダーがコーナーポストにロックできないため、スリングを使用してコンテナを持ち上げる必要があります。スーパーラックを使用すると、下の画像に示すように、スリングなしでコンテナを直接持ち上げることができます。

スーパーラックのコンクリートポンプ車

フラットラックコンテナに貨物を積載できる高さや幅、オープントップに貨物を積載できる高さは??

オープントップコンテナまたフラットラックコンテナが取りうるゲージの限界はありません。コンテナの容量は、実際には高さや幅ではなく、重量に依存します。出荷するOOG貨物がある場合、シッパーは以下を送信する必要があります

  1. 貨物の詳細
  2. 貨物の完全な寸法
  3. 貨物の重量
  4. 貨物の写真または図面

この要件の理由は、船舶計画部門および/または船舶の最高責任者などが、船舶に積み込む貨物の適合性を確認し、積み込むことができるかできないかをお客さんにアドバイスできるようにするためです。貨物の受け入れを確認するのに時間がかかりすぎると感じる場合は、通過する手順を覚えておいてください。このような情報は、以下のように極端なOOG貨物またはプロジェクト貨物を積み込むことを計画している場合、さらに重要です。

OOG フラットラックコンテナ

ご覧のとおり、この極端な幅広の貨物は、

  1. 船に積み込んだときに視界を妨がないこと(デッキに積み込んだ場合)
  2. 船/乗組員の安全性に問題ないこと
  3. 輸出入国の港の制限内であること

という状況であれば、OOGに設定された制限はありません。③は要確認ですけどね。積み込まれた非常に高い貨物は以下のような機器を使用して処理されていますよ。

  1. フレームが高いスプレッダー
  2. スリングとエレファントフック/上部吊り上げラグ付きスプレッダー
  3. スーパーラックに積まれた貨物を運ぶスプレッダー

高いフレームに取り付けられたスプレッダーは、コンテナを持ち上げる準備をしている画像

こちらで実際の動作を見ることができます

そしてここ