Suicaのチャージは1万円以上可能か?

SUICA

こんにちは。ソムリエのらきてぃっちです。

今回は関東の方では馴染み深い「Suica」に関して、最大いくらまでチャージできるのか実際に検証してみた状況を元に詳しくご紹介します。

毎日の通勤にて下記Suicaを活用しています。

定期券としての利用はもちろんなのですが、デイリーに使えるため、1万円以上チャージすることは可能?

鉄道だけじゃなく、コンビニや普段の買い物でも手軽にSuicaを利用することが可能です。

最近はQRコードでスマホ決済も徐々に浸透してきているとは思いますが…やはりSuicaの便利さにはかなわないと個人的には思ってます。タッチするだけですからね。

自身も普段コンビニなどでお金を支払う際、現金で払うとお釣りなどが面倒だし財布がパンパンになるので、基本Suicaで全て済ませるようにしています。

そうすると…結構あっという間にチャージ残高がなくなってしまうんですよね。

そこで…ふと「10万くらいチャージしておくことはできるのか?」と疑問に思い、今回JR自動発券機で最大いくらまで現金チャージできるのかをご紹介します。

Suicaのチャージに関して、疑問に思っている人いらっしゃいましたら本記事を参考にしていただければ幸いです。

Suicaのチャージは2万円まで?1回のチャージは1万円?実機検証レポ

いつも定期券で利用しているカード式のSuicaでいくらまでチャージできるかを試してみました。

チャージする方法はいくつかあるのですが…一番オーソドックスな方法としては、下記鉄道の駅などにあるSuicaチャージに対応している自動発券機かと。

1度のチャージは1万円まで。残額2万円以上不可&チャージ金額自動表示調整

さて、確か少し前に1万円をチャージした記憶が残っており、残高も1万円以上あるという認識でSuicaを入れて見たのですが…

Suicaの仕様で2万円以上はチャージ出来ないようになっていて、こういった自動発券機のチャージ機などでは2万円以上にならないようにチャージできるボタンが自動で変更される仕様になっているんですよね。

ということで…

 

とりあえず3000円チャージしてみましたが、この検証からも2万円以上Suicaにチャージすることは出来ないという結果となりました。

スポンサー

チャージ金額一覧&チャージ利用店舗・ネット入金・オートチャージ纏め

ちなみにですが、残高が1万円切っている状態でチャージできる金額の種類が下記になります。

  • 500円
  • 1000円
  • 2000円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円

計6種類、1万円以上は1回の操作でチャージすることは出来ない仕様となっていました。

ICやSuicaマークのある「自動券売機」「多機能券売機」「のりこし精算機」で、現金により入金(チャージ)する事が出来、上限20,000円までは何度でも入金することができます。

あとチャージが利用できるのは駅の自動発券機だけではなく、有名な所でいうと下記店舗で利用できるようになっていますよ。(Suicaが利用できる店舗限定)

  • NEWDAYS
  • サークルK・サンクス
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • イオン

あと「Suicaインターネットサービス」というものもあり、パソコン経由でSuicaに入金(チャージ)することもできるのですが…

こちらは公式HPにも記載がある通り、近々サービスを終了するというアナウンスが出ています。

最後に残高がなくならないようにオートチャージが出来ないのか?という部分ですが、Suicaとビューカードをリンクさせる事によってオートチャージが可能です。

「氏名」「生年月日」「性別」の登録された本人利用に限られた記名式のSuicaカードであれば、オートチャージ機能が利用できるとのこと。

ただ、オートチャージの決済用クレジットカードは「ビューカード」のみとなっているので、ここが少々ネックかも…