横浜中華街で覚えた算命学、数秘術、ジョーティッシュ

横浜中華街の算命学”十大主星のうまくいく結婚といかない結婚”灯火、山岳、大地

山

こんばんは。ソムリエのらきていっちです。
自分らしさが一番、現れるのが、「主星」です。

日干   主星

甲     大樹

乙     草花

丙     太陽

丁     灯火

戊     山岳

己     大地

庚     鋼鉄

辛     宝石

壬     大海

癸     雨露

http://sanmeigaku.info/

今回は、灯火、山岳、大地についてみていきます。

丁     灯火

戊     山岳

己     大地

灯火(丁)の人の愛の傾向

激しく燃え上がる炎の人。一見、温和で礼儀正しい人に見えますが、一度、堪忍袋が切れたら、手がつけられない人になります。主星は「灯火」。赤々と燃える炎、暗闇を照らすロウソクの炎があなたの宿命の世界です。一見、穏やかで優しい性格の人に見えますが、内には熱いマグマが渦巻いている人です。それは火から連想される炎が本質だからです。他人からは何を考えているか、掴みどころがないミステリアスな人物にうつっているでしょう。たとえ、小さな炎でも、これが発火点に達すれば、ものすごいパワーになります。

このように怒ると怖い人かもしれませんが、本質は自らを犠牲にして、相手に尽くすタイプになります。だから、自分となんらかの縁がある人には、親身になって面倒を見てしまうのです。この一生懸命さが仇となり、相手に裏切られたときに、マグマが溢れだすのです。普段は静かで優しい人だけに、感情が爆発した時のギャップが大きすぎて、相手を驚かせてしまいます。相手によっては、二重人格と間違われることがあるので、気をつけましょう。

恋人には、自分の言葉で話せる相手を選びましょう。自分をよく見せたいがために、背伸びしたり、見栄を張ったりしないこと。何よりも一緒にいて楽な相手が、あなたにとって一番大切な人になります。そして、不満やストレスはためこまないで、小出しにケンカすることが長続きするコツです。

sponsored link

山岳(戊)の人の傾向

山なので、どっしりと構えて動かない印象。じっと、待っているだけでは、恋も実りにくくなります。本質は、愛と財がシンボルの人。あなたの主星は「山岳」です。山はいつも同じ姿で動きません。そのため、安定感があって、何事にも動じない風格から人に頼られる存在になります。つまり、面倒見のいい愛情奉仕型になります。算命学では、「山」は財と愛のシンボルになります。サービス精神が旺盛な人なので、人に頼まれるとノーとはいえません。また、頼まれるとノーと言えません。また、周りの人たちに嫌われらくないため、無理を承知で引き受けることもあります。つまり、人の喜ばれることをするのが、生きがいになっている人だからです。

本質は、無償の愛ですが、しっかり者で現実志向、急がず、慌てず、足元をしっかり、固めてから行動を起こすタイプです。ロマンを追い求めるよりも、現実の生活の中で、確実にできることからチャレンジしていきます。山に登るときのように、一歩ずつ確かめながら前進するタイプなので、時にはチャンスを逃すこともあるでしょう。しかし、当の本人は、現状を大事にしますので、さほど後悔していません。あくまで、マイペースの人。自分の生活のリズムは崩しません。そういう意味では、頑固はタイプと言えるかもしれませんが、自分の幸せは自分でつかみ取るものです。じっと待っていてもこれまでのように素通りしてしまうだけです。

大地(己)の人の傾向

何かと人に頼られる親分肌の人。でも、きやすく恋愛の橋渡しをすると、略奪愛で泣かされるかもしれません。

主星は「大地」です。大地は自ら動こうとしません。しっかり、腰を据えて、あらゆるものを受け入れる心の広さをもっています。大地にはたくさんの栄養分が含まれ、それが、植物を育てるパワーになっています。このように雄大な大地の資質があなたの宿命の世界です。多芸多才で、どんなことでも、器用にこなす人です。しかも、穏やかで、善良な人が多いので、友達からはキューピット役を任されてしまいます。それに、フットワークも軽いです。本質は庶民的で気さくタイプですから、誰からも好感をもたれます。しかし、内面的には複雑なものを秘めているので、他人が思うほどお人よしではありません。

勉強家で吸収力は抜群です。自分にとって必要であれば、日常生活のなかからでも、社会体験からでも、積極的に取り入れようとする人です。そこで得た知識や知恵がすべて蓄積されて、血となり、肉となり。それが人間的な魅力になっていくのです。八方美人で誰にも優しく接するところがあります。そのために、自分の大切な恋人なのに、ただの友達にしか思われない見られないケースがあります。区別を行動でつけることで恋人も安心できるでしょう。そうでないと略奪されることもあります。

次回は、鋼鉄(庚)、宝石(辛)、大海(壬)、雨露(癸)に人の愛の傾向です。