十大主星のうまくいく結婚といかない結婚 大樹、草花、太陽編

太陽

こんばんは。ソムリエのらきていっちです。
自分らしさが一番、現れるのが、「主星」です。今回は、

10個ある主星の愛情の特徴を女性の視点で説明していきます。

日干   主星

甲     大樹

乙     草花

丙     太陽

丁     灯火

戊     山岳

己     大地

庚     鋼鉄

辛     宝石

壬     大海

癸     雨露

http://sanmeigaku.info/

大樹(甲)の人の愛の傾向

傷つくのが、怖くて、最初から恋の勝負は逃げ腰。恋愛や結婚には臆病な人。
あなたの主星は、まっすぐ伸びる1本の「大樹」です。樹が成長して、大樹になるためにはどうしたらよいかを考えると自分生き方が見えてきます。
もともと、あなたは恋愛結婚願望が強い人ですが。とても臆病なタイプです。それは、断られたら、カッコ悪い、恥をかきたくない、傷つきたくないという気持ちが先にあって、前を進めないのです。
性格はまっすぐ伸びる1本の木のように、正直でストレート。曲がったことが嫌いで責任感が強く、道徳や規則を重んじるタイプです。他人からは融通の利かない人のように見えるかもしれませんが、それは自分のペースを乱されると立ち直れなくなるタイプだからです。1歩、踏み出す勇気が必要です。なので、早い時期に恋愛で挫折を経験しておくと経験して、打たれ強くなります。自分の自信が持てれば、素敵な恋愛になりそうです。
敏捷性に欠け、臨機応変に対処することができないので、注意しましょう。また、環境の変化にも弱いこと。一度。落ち込むと立ち直りが遅いので、早めに挫折を味わっておくといいでしょう。

スポンサー

草花(乙)の人の傾向

優しさと強靭さを内に秘めた理想の女性。ソフトなムードが人を引き付ける魅力に。ただし、嫉妬深いので、注意。
あなたの主星は「草花」。野に咲く草花であったり、華やかな大輪の花であったりと。どんな花であれ、人々の目を楽しませてくれる花の世界が宿命。一輪の花を美しく咲かせる環境作りが、生き方になります。一見、穏やかで優しいタイプに見えますが、一度、裏切られると豹変するタイプです。
算命学では、「草花」は女性の理想像とされています。それは、女性らしく、きめ細かい心づかいで。優しく包みこんでくれる雰囲気を持っているからです。外であうよりも自分の手料理等を披露するほうがいいでしょう。
ただし、あなたの、一生懸命さが負担に思われてしまうと、逆効果になってしまうので、8分目で止めておきましょう。
嫉妬心ややきもちも人一倍強い人です。もし、失恋を繰り返していると、それは相手に一生懸命し過ぎるからです。
なんでも、やり過ぎると相手は逃げ腰になるのが、常道。サービス過剰にならないのが、長続きするコツです。もう一つ注意したいのが、同性からのねたみです。

太陽(丙)の人の傾向

全ての人に、明るさと希望と活力を与える太陽です。ただし、自分は誰にも助けてもらえない孤独な人でもあると自覚しておくこと。すべての人に平等に照らしていますが、よい効果を与える時と悪い効果を与える時があります。真夏の太陽はちょっと避けたいけれど。真冬の太陽な温かいなど。
ただし、熱しやすく、冷めやすい人、独りよがりで、常に感情の赴くままに動きまわるのが、本来の姿です。明るくて、行動的、感情が豊かで情にももろく、さっぱりしていて気前がいい。些細なことは気にしない。
開けっぴろげで、隠しごとができない。物事を単純に割り切ってしまいので、くよくよ悩まないのも、特徴の一つ。あくせく働くことや難しい理屈をきくことも苦手です。
人間的には、温かくて、情にもろい人なのに、いつも自分が主役です。そして、自慢話しばかりするので、相手に煙たがれて、しまうことがあります。まずは、会話の中に、「私が」ではなく、「あなた」がという要素を加えるとかなり、違ってきます。
また、本気で結婚を望むなら、出会って3カ月以内に結婚に踏み切ることです。恋愛期間が長ければ、長いほど、結婚の可能性が低くなります。お見合いの結婚もおすすめです。

次回は、灯火(丁)、山岳(戊)、大地(己)に人の愛の傾向です。