サッカークロアチア代表(旧ユーゴも)

レアル・マドリードはモドリッチからアザールという新時代の目前に?

モドリッチ

こんばんは。ソムリエのらきてぃっちです。

連日、スペインや日本では久保建英の話題が記事になっているのですが、クロアチアだと全くないんですよね。クロアチアだとやっぱり、アザールが話題になっています。

レアル・マドリードはアザールという新時代の目前に?

クロアチアではレアル・マドリードは新参のエデン・アザールの移籍で時代の全てが彼に向かっていると報じています。個人的には、いまさらアザールかって感じもしなくないですが、バルセロナのグリーズマンも。もう、28歳だから、もう少し早めにきてもよかったのではと思います。

モドリッチも27歳でレアル入って、決して早くはない方でしたからね。当時は「モドリッチはトッテナム・ホットスパーがちょうどいいのか?もっと上を目指すのか?」なんて、記事もありましたね。

ボバンによるモドリッチのミラン移籍は破談

昨年はモドリッチはインテル、今年はボバンの薦めで、ACミランにリバプールのロブレンと一緒に加入する話しがありましたが、完璧に決裂したようです。

レアルはアザールというニューヒーローを前にモドリッチの次の背番号10番は次期に彼になるだろうと考えているようです。エムバぺが来たら、彼でしょうけど。むしろ、日本の18歳の久保と22歳のセルビア代表のルカ・ヨビッチの方が、伸びしろがありそうで期待してしまいますが、アザールのは安定的に活躍しそうな気はします。あとは適応ですよね。新しい環境ってそんな簡単ではないと思います。誰だってそうです。

2012-2013シーズンはモドリッチすら最悪の補強と言われていました。

レアルマドリードで背番号19番を付けたモドリッチは大きな適応問題を抱えていました。2012年にトッテナムはレアルから合計4200万ユーロ+ボーナスを受け取りました。

sponsored link
「モドリッチ」の画像検索結果

スペインの容赦ないファンは、最初のシーズンの調整期間を容認せず、彼をラ・リーガ全体で12-13シーズンで最悪の移籍と発表し、回答者の32パーセント以上がモドリッチが最悪の移籍と投票しました。当時、同じくバルセロナの最悪の移籍、カメルーン代表のアレクサンドルソングもいましたが、モドリッチの方が最初のシーズンはよくなかったとされています。

当時は、エジルにシャビ・アロンソ、ケディラとかなり充実していましたから、スタメンで出るのもかなり苦しかったですからね。アザールは右でまず当確なので、そうにはならないと思います。いや、でも、モドリッチは19番のチャレンジャーの時代の方がいいなあ。19番でクロアチアで終生のライバルだった、ニコ・クラニチャールが代表で付けていた番号で、とてもいい番号だなと思います。また、19番でいいじゃないかな。

2012年くらいの画像。クラニチャール19番。モドリッチは14番→10番へ。

「クラニチャール」の画像検索結果

プレミア時代トッテナムで、モドリッチは14番、クラニチャールは19番でした。

「ニコ・クラニチャール」の画像検索結果

玉田とモドリッチいや懐かしい2006年ドイツ杯最初は14番でしたよ。

「ニコ・クラニチャール」の画像検索結果