横浜中華街で覚えた算命学、数秘術、ジョーティッシュ

子育てにも?”ジョーティッシュ”ハウス9に惑星がある時の意味

jyotish

9ハウスに在住する惑星

9ハウスが表すもの

父親、正義、教師、師匠、孫、直感、宗教、同情心、名声、慈善心、リーダーシップ、長旅、霊との対話

これらはあくまで一般的な解釈で、インドの慣習に基づいた極端な意味も多く含まれます。実際の鑑定では、惑星の状態やアスペクト等を考慮して判断する必要があります。

9ハウスに在住する惑星の意味

太陽

改宗、父親に対する敵意、目上や教師に対する軽視。健康面は普通、世襲財産、野心的、投機的。太陽が傷ついていなければ、従順、精神的追求、月とのコンジャクトは視力が悪い。金星とのコンジャクトは病気、父親と上手く行かない、法律に関心がある、宗教的、哲学的、フェア、経済は快適、限られた分野で尊敬される。

幸福で裕福。多くの息子と友人、親戚。高潔、寛大。火星とコンジャクトしていれば、母親が事故にあう。金星がコンジャクトしていれば、不道徳。土星とのコンジャクトは多くの困難。慈善施設を建設する。固定資産を持つ、海外へ行く。繁栄する、成功する、父親と子供たちとの絆、気前が良い、宗教への関心。

火星

権力を持つ。裕福。利己主義、頑固、せっかち。子供を持ち幸福。従順ではないが、寛大で良い性格をした息子。木星か水星とコンジャクトしていれば、宗教やスピリチュアルの知識がある。ヴィーナスとのコンジャクトは2度の結婚、海外移住、法律の知識。土星とのコンジャクトは、女性への執着、邪悪な心。父親と上手く行かない、友達は多くない、未来への大きな野望、名前が知られる人になる

水星

高い教養がある。裕福。学者。哲学への興味。科学的思考。金星とのコンジャクトは音楽や楽しいことが好き。木星とのコンジャクトはウィットと知恵に富む。招かれて海外旅行する。教育機関へ招かれて講義をする。父親と仲が良い。良い教育を受ける、収入が良い、雄弁、チャーミング、哲学と宗教への関心。

sponsored link

木星

法律や哲学などの専門家。吉星からのアスペクトがあれば、多くの固定資産を持つ。兄弟と仲が良い。月と火星からの影響があれば、軍のリーダー。太陽と金星のコンジャクトは平凡な人物。土星からの良いアスペクトがあれば、禁欲的生活、信仰心。講師や伝道師として外国を訪れる、保守的、規律正しい。哲学的、宗教的、フェアマインド、良い教師、良い教育を受ける、繁栄する、子供を通しての幸福、寛大、良く知られた人。

金星

生まれながらにして裕福、有名、教養がある、子供と配偶者に恵まれる、全般的に幸福。上品な喋り方。体が弱い。土星とのコンジャクトは外交官やもしくは同様の政府の仕事。バランス感覚に優れる。月と太陽とのコンジャクトは、女性との争いとその結果として金銭の損失。土星と太陽とのコンジャクトは法を守らない。道楽者。繁栄する、配偶者は外国人かもしれない、配偶者、子供たち、そして友からの恵み。

土星

孤独な人生、独身を通す、勇敢、太陽とのコンジャクトは父親、子供との衝突、胃潰瘍。水星とのコンジャクトは、嘘つきだが裕福。家庭生活では倹約家。やや不信心。ボランティア施設を創設する。

ラーフ

道徳心に欠ける。口やかましく横柄な配偶者を持つ。父親を嫌う。神を軽視する。有名で多くの富を得る。議論的、権威がある、コミュニティでの活動、哲学的、宗教心。

ケートゥ

短気。雄弁だが他人を中傷する。虚栄心が強く、傲慢だが勇敢。親に対しての態度が悪い。倹約して大金を貯める。良い配偶者と子供を持つ。父親とは上手く行かない、あらゆる障害を乗り越えるため懸命に働く。

インド占星術で9室というと、父親、グル、幸運、高度な知識、慈善、宗教、信仰等の象意がある。実際に、9室のよい人は頭も人柄もいい。道徳性も高いと思うし、性格は素直な人が多い。でも不思議と仕事には恵まれない。恵まれないというより、世俗的な欲はどういうものか淡泊なようである。とにかくガチガチと仕事をやるタイプではない。だから出世競争に遅れてしまうし、収入もそれほど多くない。一般的に仕事面では不遇だ。ところがよくしたものでこういう人は、困った時は必ず誰かが助けてくれる。