昭和平成令和見聞録

【候補は?決め方は?】平成から変わる新元号予想

元号

Dobro Jutro!!おはようございます。

天皇の生前退位により、新天皇が即位する2019年5月1日に元号の変更が予定されています。

どんな元号に変わるのか気になりますよね。近づいてくると
心のどこかで気になってはいませんか?

いざその時が来たとき、話題についていけない、なんてことのないように予備知識を入れておきましょう。

号は中国、漢字文化圏に広まった紀年法です。


もともとは皇帝が元号を定めることによって、その時代を支配していることを示すものでした。かつての日本にとって元号は文明の象徴。新たに天皇中心の国家を作るというタイミングで、中国から取り入れたのです。しかし現在、世界で元号を使用している国は日本だけ。本家の中国も使っていません

元号の選び方も中国の影響を色濃く受けている。

「基本的に中国の古典の一文から漢字が選ばれます。平成も『史記』の『内平外成』と、『書経』の『地平天成』が出典です」

“内外”“天地”とも平和になるという意味だという。

「かつては天変地異や飢饉などが起こると、時代を変えようと元号を新しくしていました。天皇1代の間に4回、5回と変わることもありました」

こじつけのような理由で改元が行われた例もある。

新元号(新年号)の決め方は?

気になるのは新元号(新年号)をどういう基準で決めるのかというところですよね。

調べてみると、政府は新たな元号は「1文字15画を上限とし、画数ができるだけ少なく、なじみやすい漢字を用いる」と公表しておりました。

最終的に3案に絞り込んだ上で決定するとのこと。以下は除外

  • かつて、使われた元号。
  • かつて、中国や、ベトナムで使用されたもの。
  • 悪い意味の言葉と音が被るもの。
  • 明治、大正、昭和、平成の頭文字のローマ字(M・T・S・H)と重なるのもの。

まあ直近の年号とかぶるといろいろ支障来しそうな気もしますしね。Kから始まる元号じゃないかって広まってきてますね。

今回に限らず年号選定においては

国民の理想としてふさわしい意味を持つ
漢字2字
書きやすい
読みやすい
俗用(日常的に使用)されていない

sponsored link

元号に使われた漢字は次のとおり

10回以上

「永」29回、「元」27回、「天」27回、「治」21回、「応」20回、「正」19回、「長」19回、「文」19回、「和」19回、「安」17回、「延」16回、「暦」16回、「寛」15回、「徳」15回、「保」15回、「承」14回、「仁」13回、「嘉」12回、「平」12回、「康」10回、「宝」10回

9~2回

「久」9回、「建」9回、「慶」9回、「享」8回、「弘」8回、「貞」8回、「明」7回、「禄」7回、「大」6回、「亀」5回、「寿」4回、「万」4回、「化」3回、「観」3回、「喜」3回、「神」3回、「政」3回、「中」3回、「養」3回、「雲」2回、「護」2回

1回

「乾」「感」「吉「亨」「興」「景」「衡」「国」「斉」「至」「字」「朱」「授」「勝」「昌」「昭」「祥」「成」「泰」「鳥」「禎」「同」「銅」「白」「武」「福」「霊」「老」「祚」「雉」

「新元号に入りそうな字は、“(よき時代が)これからも長く続くように”という意味合いで『長』や『延』。また、“いろんなものを保つ”という『保』。“日本文化を大切にする”ということで『文』。そして過去に多く使われている『永』が有力な候補です。『安』も使用回数が多いんですが、安倍内閣が決めるわけですから、この漢字は避けてほしいですね(笑)」

新元号有力候補は?

  • 安延(あんえん)
  • 永明(えいめい)
  • 安化(あんか)
  • 永光(えいこう)
  • 建和(けんわ)
  • 建安(けんあん)
  • 弘永(こうえい)
  • 文承(ぶんしょう)
  • 安長(あんちょく)
  • 弘徳(こうとく)
  • 文弘(ぶんこう)

が、かなり有力とのこと。個人的にはいまいち、古くさくてパリッとしないですが、平成が新しい感が強い元号だなと思うので、建和とかいいかな。

候補一覧に上がっている中から、選ばれる可能性が非常に高いとのことです。だいたい7割から8割で、ほぼ1年間平均の天気予報が当たる確率と同じです。

絶対決まったら、元号炎上になるんでしょうね。