グルメ総合

”バンバン番長” 横浜馬車道 ベイスターズファンのアジト

バンバン番長看板

Dobro Vecer !(こんばんは!)

今回は、横浜で働いているらきてぃっちがおススメするお店です。元々、横浜の人間ではなかったのですが、都内にいたころは結構、憧れがありまして、旧薩摩藩邸の県庁や、マンガの「特攻の拓」で見た、根岸森林公園や本牧ふ頭等、ここかあーと感激しました。開港した時に西洋化の流れをそのまま受け継いでいて、みなとみらい地区なんかは先進的ですが、歩いてみるとかなり、老朽化も進んでいて、古い、意外と保守的な街だなと考えています。考え方も、結構、保守的な感じがします。

山手地区なんかは、独特の入り組んだ地形、マンションは古くて、昭和の味のある、もどりっち好みのビンテージマンションが多くて、とても好きです。レストランも開港の時からある!みたいな伝統を大事にしていますが、悪くいうと進歩のない店が多いとも感じます。ただ、味は美味しいですよ!

そんな中、今まで、紹介したようなレストランではないのですが、名店!?といえそうな店を紹介します。

関内にある「バンバン番長」です。

なんて、おもしろいネーミング、看板はこんな感じ。この大量のねぎとろ丼が番長の正体です。

看板 営業時間

この店、サインがたくさん、飾ってありますが、コンセプトが横浜ベイスターズの熱狂的なファンが集まる店なのです。自分が営業だったら、サッカークロアチア代表を応援する店これはやりがいあるでしょうし、人生そのものですね。こういう、妙に手をこませなくても、料理のインパクトと店長の個性、店のありかたこれが3拍子そろっているので、見事に経営がなりたっているのだなと思います。芸能人のサインもたくさんありました。一つのアジトのようになっていますよ。

sponsored link
店内

 

少し、メニューが見にくいですが、とにかく大量のねぎとろがご覧いただけると思います。レディース番長なんてもお見受けできます。次の画像でわかるかと思いますが、とにかく量が多いので、レディースは少量なのかなと思われます。

メニュー

ねぎとろ番長です!!

ねぎとろ番長

お待たせしました。待つこと10分。きました!!これが”ねぎとろ番長”です。かなりの攻撃力を感じます。初めて出てきたときは食べきれるか心配でした。副菜もバランスよくのっかっているのが、意外と飽きずにいける理由です。

これで1000円

非常に見た目も料金も分かりやすいです。これをランチに頂きましたが、かなりお腹いっぱいになります。ひとりでがっつりいくのもいいと思います。

バンバン番長への行き方

馬車道駅5番出口もしくは関内駅3番出口から徒歩約5分ほどのビルの2階にありますよ。
「BAM・BAM番長」という大きな看板が目印です。

住所:神奈川県横浜市弁天通3-39 ライオンズマンション関内第2 2F「火~日]11:15~14:30までランチ営業(LO14:00)17:30~24:00(LO23:00)
※野球開催日は延長24時までとなります
日曜日は21:00までとなります
※お食事は22時30分までとなります。
*祝日はランチのみ営業

一度は訪れてみたい店です。ネタにもなるし、盛り上がること間違いなし。