グルメ総合

昭和バブル期へ?横浜紅茶専門店「サモアール(SAMOVAR)馬車道」

サモアール

こんばんは!ソムリエのらきてぃっちです。今日は、また、平成が終わろうとしている今、生き残り続けている店を探そうと馬車道付近へ出没しました。何軒か気になる店はあるのですが、ポイントは前回の”レストランぷらむ”と同じく、目立たない看板でも、集客がある。関内方面に歩いていきましたが、あまり良い店が見つからないと思っていたところ気になる店を発見しました。

紅茶専門店サモワール

かなり、汚れている看板に、フォントも色気のない、ゴシック体です。IT化が進んでいないレトロ感があります。これはいいと思いまして、カタカナの照明で「サモワール」これも古そうです。チャイは結構好きなので、入ってみようと思いました。

サモワール看板

店の中を見ると昔よくある、メニューのレプリカと紅茶が飾られていています。

サモワール店内

ここは馬車道店なので、1983年にオープンと書いてあります。かなりの老舗に出くわしたようです。だいぶ、横浜で店の当たり、勝ちパターンが分かってきました。実は、1974年に紅茶専門店として横浜駅西口にオープンしたのが始まりのサモアール。本店以外には本日ご紹介する馬車道店と弥生台店を展開します。

馬車道店は紅茶と料理に特化したお店で本店よりも店内は広く席のタイプも様々。ゆったりと座って過ごせます。

メニュー

店内はかなり、渋いマスターがエスプレッソマシーン?をDJのように使いこなして、紅茶やコーヒーを作っています。リーゼント風のボーイさんもいて、時代に流されていない感じがします。”プエブロ青山”と似ています。横浜はこういう店たくさん残っているんですね。店内のBGMも昔のファンクや、ディスコのミュージックに使われていたような音楽で、80年代のバブル期の豊かさを享受できますね。エレガントな店内なのに、ファンクっていいですね!だいぶ、チェーン店が増えてきている馬車道でオリジナリティをかもしだしています。

サモワール店内

メニューはオムライスやフレンチトースト、スコーンなどの軽食になんといっても、初めてみる大量の紅茶メニュー、チャイ系や、フルーツフレーバー、ブランデー等、100種類弱のラインナップがありました。モーツァルトでも座っていそうな、ヨーロッパ風の薄暗い店内は、老若男女かなり、偏りのない客層、作っている方のまた、プロフェッショナル感がハンパないです。

メニュー メニュー

自分は、仕事でも輸出先となっているパキスタンに惹かれて、パキスタンティーと気取ってスコーンを注文。10分ほど、店内をうろうろしながら待っているとマスターがカウンターからサーブしてくれました。

sponsored link

パキスタンティー

チャイ風な、スパイシーな風味に濃いリッチなミルクの味わいがたまりません。何を入れているのか確認してみるとバターを隠し味というか、レシピがそうみたいですが、使っているようです。

パキスタンティー

ハーブ系や、フルーツ系もたくさんあって、次回はこっちを選択してみたいですね。スターバックス系のコーヒーが主流になっているなか紅茶だけで、市場で生き残っていけるのかなと思っていましたが、クオリティと雰囲気、マスターのプロフェッショナル感が見事にマッチングしていて、食事もできる。
やたら、アイスミルクティーを注文している方多くて、ハマる方が多いみたいですね。虜になり通って飲むほど好きな飲み物になってしまうみたいで、注文してしまいました。
紅茶とミルクの部分が綺麗に2層に分かれています。甘さは注文時に調整ができるのでお好みに調整ください。らきてぃっちは控えめが好みです。
少し泡立てた生クリームはまるでミルクセーキのようなサラサラ、でもどこかほんのりマイルドな不思議な状態。
ロイヤルミルクティー

パキスタンティー、スコーン

異国情緒ある街並みを散策したあとに食事やティータイムを過ごしたい方には良いと思いますが、店内も薄暗い目で、看板は目立たないので、見つかるかな?所在地は以下です。馬車道駅から関内方向に5分くらい歩きます。再訪します。

追記:紅茶専門店ながら個性あるオムライス

あとから調べたところによると昭和49年、横浜初の紅茶専門店として創業。中でも馬車道店は料理にも特に力を入れているそうですよ。開店当初からの目玉は何と言ってもオムライス。スタンダードな「チキンのオムライス」(850円)をはじめ、イカスミを使用したもの、卵にほうれん草ピューレを加えたものなど、オリジナリティあふれる味覚も揃う。ライスや半熟卵との相性も抜群で人気の理由も納得。

イカスミオムライス

イカスミ美味しいですよ。イカスミって和風でも洋風でもいける素材だなと改めて感じさせてくれます。

イカスミオムライス

ほうれん草オムライス

中身がライスがホウレンソウかとおもいきや卵が緑色になっていて、見事なものです。

サモアール オムライス

公式サイトは以下にありました。思ったより今風なサイトですね。(笑)

http://www.samovar.co.jp/

■ 所在地
神奈川県横浜市中区弁天通4-67-1

■ 電話
045-201-3050